milkyshadows

「美」は伝染する。 poWer of beaUty

検索


プロフィール

RSS対応


RSS v2.0
RSS v0.91
RSS v1.0

管理


管理室へ

携帯用ブログ


携帯用URL


31 May

Amma

Amma、行って来ました。

TAO Labのお二人にお誘いいただいて、
スタッフのためのキッチンのアシスタントと、
ラジオのための取材を兼ねて。

というよりも、
「アンマ? Who?」
「ダルシャン? What?」
という疑問と好奇心、かな。
ナニゴトも、核心に飛び込んで肌で感じるのが一番ですから。



キッチンをお手伝いして、
食事をサーブして、
会場で人間ウォッチングして、
shopでブレスレットとインセンスとトゥラシ(植物)を買い、
ダルシャンを受け、
マントラをいただき、
何人かに取材をしてインタビューを録り。。


 lei making by UMAHANA

感じたことやら、取材したことやら、
近日『soulbeauty.net』でレポートをお届けいたします。



00:01:45 | motoka | | TrackBacks

15 May

飛べなくなった神

5/7(月)
 
 月明かりの海で、シカを見た。
 
 酒匂に出るとは聞いていたけど、
 本当に浜辺を走っていた。
 ビックリした。
 
 風のように、目の前を駆け抜ける白い影。
 飛べなくなった神に見えた。
 

 
5/8(火)
 
 気持ちの良い日。
 真鶴/琴ヶ浜にてBBQ♪
 
 高気圧な空の下、
 海抜0mにて一日を過ごす。
 
5/9(水)
 
 海でサザエを食した翌日、
 銀座で渦巻きに再開。
 
 陶芸家/兼藤忍さんの『アートなお茶事』へ。
 兼藤さんの作品は、サンゴのように呼吸している。
 「有機的」というコトバの意味を、あらためて深く再認識。
 

 
5/12(土)
 
 Muの月例ミーティング。
 
 スタッフが切り抜いたD&Gの雑誌広告をネタに、
 クリエーターにとっての「未来観」を探る。
 
 いったい、未来は何色なのか?
 
 人々は、
 「安心」と同時に「緊張」を求めている。
 

 
5/13(日)
 
 eicoちゃんの結婚式に、ヘアメイクで付添い。
 カワイイ花嫁さんでした♪
 
 そして、私は雨オンナのジンクス返上。
 今日は降りませんでした!
 
5/14(月)
 
 国民投票法が可決されたらしい。
 
 今のうちにハッキリ言っておくけど、
 私は非戦非武装主義なので、
 憲法9条については改正反対デス!
 
 「今のうち」と言ったのは、
 ラジオでは、
 私がこのことについてキャンペーンすることはNGになるらしい。
 放送は、中立でなくてはならないんだって!
 
 フン!!
 
 そんなこと言われたって、
 私も『soulbeauty.net』も、堂々と非戦非武装ですから!!!
 
オンライン署名運動 ↓ 
私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します

 

01:28:09 | motoka | | TrackBacks

07 May

心の南北問題

5/2(水)
 
 『バベル』観ました。
 私の大好きなテイストの映画。
 私は、ファンタジーよりリアリティに強く惹かれる。
 
 ひとつ、気になったこと__
 『バベル』のストーリーもそうだったけど、
 経済の力関係は、人の心の絆をも支配してる。
 それは、「心の南北問題」と言っていいかも知れない。
 
 先進国のブラピや凛子には「希望」があるけど、
 モロッコの少年やメキシコの家政婦はどうなんだ?
 彼らは、「絶望」の淵に捨て置かれた。
 
 これは映画だから、というのではなくて、
 たとえばイラクで起きていることは、同じストーリーなんだと思う。
 むしろ、現実の傷は深い。
 
5/3(木)
 
 やっと晴れた。
 数ヶ月ぶりに布団を干す。
 
 ベランダでのびのびとお昼寝♪
 

 
5/6(日)
 
 お風呂にラジオを持ち込んで、ゆっくりと自分の放送を聴いた。
 気持ち良くて、途中、バク睡して溺れそうだった^^;
 
 それにしても、
 いったい、どのくらいの人が聴いてくださってるんだろう?
 超ローカル放送だし、、、
 
 私のことを知らないような、第三者の方のご意見・ご感想を聞いてみたいと思う今日この頃です。
 ちょっとコワイけどね^^;
 
 さりげなくdeepな番組デス。
 ログはコチラでご覧いただけます↓
  soulbeauty.net

00:30:37 | motoka | | TrackBacks

01 May

怪物の深呼吸

どうもせっかちなので「終わりのない仕事」に慣れていない。
さっさと一区切りつけたくてフル回転してるんだけど、
回せば回すほど、次の波が来るのも早い。

そんな日々。。

多忙ですが、元気デス。



久しぶりにゆっくり寝たら、夢をみた。

信号待ちをしていたら、
目の前にカバみたいに大きな口が現れて、
そのおぞましい口が深呼吸するのを、私はじっと見つめてる。

怪物の深呼吸。

目が覚めて、
これは「パンドラの箱」かも知れないと思った。
私は、
その箱が開かれる瞬間に立ち会っているんだと思った。
[SOUL-conscious] #55



神話によれば、
パンドラは好奇心に負けて、禁断の箱を開けてしまう。

 すると、
 そこから様々な災い(疫病、悲嘆、欠乏、犯罪などなど)が飛び出し、
 パンドラは慌ててその箱を閉めるが、
 既に一つを除いて全て飛び去った後であった。
 最後に残ったものは未来を全て分かってしまう災いであり、
 人類は希望だけは失わずにすんだと言われる。
 こうして、
 以後人類は様々な災厄に見舞われながらも希望だけは失わず、
 あるいは絶望することなく、生きていくことになった。
  〜 Wikipediaより引用



きっと、
「パンドラの箱」は、始めから開いていたんだと思う。
だって、
宇宙のスケールで考えたら、永遠に封印するなんて不可能だもの!

たしかに、もしも間近で見たとしたら、
それは怪物の深呼吸みたいに、この世のものとは思えないほどおぞましい出来事だろうと思う。

でもね、
それが「呼吸」なんだとしたら、
たとえおぞましいと感じたとしても、怖がったり慌てたりする必要はないのかも知れない。

パンドラは箱を開けて、
「わぁ、どうしよう!」って慌てて閉めちゃったけど、
むしろ、
「ふぅん、出たいんだぁ」って開けてあげた方が良かったのかも、って思った。

恐怖は幻想なんだ。
悪魔は、
幻想を巧妙に操って、私たちを支配してる。

14:45:11 | motoka | | TrackBacks