milkyshadows

「美」は伝染する。 poWer of beaUty

検索


プロフィール

RSS対応


RSS v2.0
RSS v0.91
RSS v1.0

管理


管理室へ

携帯用ブログ


携帯用URL


vol.6 海の記憶

 私たちは、海から二度生まれた。一度目は生命として、二度目は人類として。

 生命は、水を介して、宇宙意識の残像をDNAの螺旋に刻印した(*1)。遥かな時を経て、私たちの祖先は再び海に潜り、人類へと進化して地球に君臨した(*2)。そして、太陽がサンゴ礁を育むように、私たちはアスファルトをめぐらして都市を築いた。
 都会での裕福な暮らしという環境はモードの母体であるけれど、それがいかに特異で限定された状況なのかは誰にも暗黙の諒解であって、それ故にファッションを享受する価値とは、希少性を消費する快感と本質的にリンクしているのだと思う。そう言えば、たかだか100年程のファッションの歴史とは、そもそも海辺でのリゾートブームから興ったのだった(*3)。
 潮の香りが運んでくるのは、遠い記憶か、未知の予感か。魂は、私たちを何処へ運んでゆくのでしょう?

(c) milkyshadows


  (*1)『カオスの自然学』(工作舎)テオドール・シュベンク
  (*2)「水に潜ったサル」
  人類は進化の過程で水棲することにより二足歩行や高度な発音機能を獲得したという説がある
   〜 『アースワークス』(旺文社)ライアル・ワトソン
  (*3) 『ブランドの世紀』(マガジンハウス)山田登世子

⇒ (read more)


00:00:00 | motoka | | TrackBacks

Comments

No comments yet

Add Comments

:

:

トラックバック