milkyshadows

「美」は伝染する。 poWer of beaUty

検索


プロフィール

RSS対応


RSS v2.0
RSS v0.91
RSS v1.0

管理


管理室へ

携帯用ブログ


携帯用URL


04 January

勇敢とエロスとサクセス。おまけは犬。(丑年だけど..)

お正月はしゅんちゃんの実家で過ごしました。
本当に何もせず、食べて寝るだけ。

そんなワケで、
充実の初夢ロードショー3部作を堪能しました。
[SOUL-conscious] #60




エピソード1は、なんとオバマ新大統領が登場。
何故か私のマンションに大統領が来ていて、
一緒にクーデターに巻き込まれちゃう、っていうストーリー。

海からは津波のような大艦隊、
空からは雷雨のようなパラシュート部隊。
絶体絶命...!

結末の前に目が覚めてしまったけど、妙にリアルだった。
大統領は、冷静で勇敢で俊敏だった。
私も、直ぐに覚悟を決めた。怖くはなかった。


関係ないけど、
先日ある人から「モトカさんは次元だね」と言われた。

次元大介。

「え? 不二子とか五右衛門じゃなくて?」って思ったけど、
そう言えば、私のそばにはいつでもルパンがいる。
ストイックなパートナー、って私にとってハマリ役かも知れない。

オバマさんもルパンぽいしね。。





エピソード2は、R-15です"""
『Lの世界』見過ぎだろ!ってカンジの夢でした。
sweetでeroticな親密さを共有するシーン。
詳しくは書けません(爆)


「生」と「性」について、
分けて考えることは出来ないと私は思っていますが、
自分自身とても屈折した人生を歩んできましたから、
いろいろな意味でストレートに生きている(ように見える)人には、圧倒的に憧れてしまいます。

今年も新年早々、
そんな出逢いの予感に満ちています。





エピソード3は、サクセスストーリー、、、なのかな?
思いもかけず、自分の店が大きくなって行く話。


「成功」って、「幸せ」と同義ではないと思う。
人望が集まったり資産が拡大していくことは、たしかに悪い気はしないけれど、
そういう視点にはあんまり興味が持てません。

もしも成功や幸せを客観的に測定しなくてはいけないとしたら、
量については「適正量」、質については「気高さ」という視点が必要だと思っています。

つまり、
少なすぎず、多すぎず。
そして、
較べない、競わない。

自分の店について言えば、
そこで、どんな人とどんな意識で交わるか、ということを大切に感じています。


少し飛躍しますが、
「動的な静寂」というものに、私はこの上もない美しさを感じます。

たとえば呼吸に意識を集めた時に、誰もが心に静寂を感じるのは、
その波のムコウに連なる、大いなる宇宙の鼓動に気がつくからなのだろうと思います。
「生きる」は「息る」のメタファーですから、
呼吸という最小限の「動的な静寂」は、最も分かりやすい「宇宙の真実」なのだと思います。
この宇宙は、
どこを切り取っても、そこに映し出されるのは大宇宙の似姿ばかりなのだということです。

そんなワケで、
私は自分の生き様に「個」を表出させることよりも、
自分の存在に父なる宇宙の刻印を感じることの方に、より豊かな幸せと歓びを感じます。





怠惰で妄想に満ちた三ヶ日のダメオシに、
今さらながら『ドッグヴィル』を観ました。

暗喩に満ちたドロドロの映画。
監督は相当にクレイジーだろうと思ったら、
なんと『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を撮った監督でした。
なるほど。。。
ニコール・キッドマンが出てなかったら絶対に観なかった。


それにしても、
ニコール・キッドマンって、どうしてあんなにドロドロの役ばっかり演じるんだろう。
私にとってはそれがむしろツボだったりするんだけど、、

「美しさ」ってキレイ事じゃない。
そこにはエゴが群がるし、残酷なジェラシーを刺激する。
そんな、「美しい」ということが放射する力の質を、
彼女は彼女にしか出来ないやり方で、おそらく最も挑発的に暴こうとしている。
自虐的過ぎるくらい、あけすけに暴こうとしている。

「美しさ」ってキレイ事じゃない。
あれほどキレイな人にそのことを体を張って表現されたら、説得力がある。

ニコール・キッドマンって、本当に美しいと思う。





ところで、恒例の大雄山への初詣。
 ⇒ 過去ログ

今年の天狗は無言でした。
ネバったけど、何も言ってくれなかった。

諦めて、寂しく山を下りようとした時に、
無言の意味が分かりました。

「道は、私が択ぶ」
そう言わせたかったみたい。

背中越しに、天狗の風を感じた気がしました。



 


18:30:21 | motoka | | TrackBacks

24 April

God Kiss You !!

4/17(木)
 
 南麻布。am5:00。
 朝帰り。



 昨夜は濃い時間でした。
 伝説の音楽プロデューサー三浦光紀氏のご自宅にお招きいただいて、
 貴重なお話をたっぷりと伺いました。
 
 オスソワケで、三浦語録をひとつ↓
 「選択は、時に創造を越える」
 
 滋味。
 
 
4/19(土)
 
 思えば、
 Muでのサロンワークが残り1ヶ月となりました。
 
 季節はいつか変わるから、
 そのとき私は何を想うのだろう、って漠然と想像していたけれど、
 ただ川のように、日々が流れるだけ。
 
 ふり返ってみても、
 私の軸足は、いつも「未来」にありました。
 
 ちょうど1ヶ月後、
 カサブタがはがれるように、
 きっと私はMuから離れて行くのだと思います。




4/20(日)
 
 満月の夜。
 月の道。
 
 遠く、感謝。
 深く、祝福。


 

4/21(月)
 
 新しいお店。
 おかげさまで、楽しみにして下さる方が少なくなくて、
 それが、何よりの励みです。
 
 先日、開業届を出して来ました。
 個人事業主になりました。
 職業は「クリエーター」になるんだそうです。
 美容師以外の活動も含まれるので。
 会計ソフトも買いました。
 複式簿記を勉強中です。
 キッチリやります。
 美容設備の発注をしました。
 シャンプー椅子は唯一贅沢をしました。
 ロゴと、内装を、それぞれデザイナーと打合せ中です。
 膨大なイメージを伝えて、困らせています。
 BGM用にオーガニックなスピーカーをオーダーしました。
 真空管アンプを探しています。
 スタッフも、探しています。
 
 ミニマムから始めようと考えていますが、
 ありがたいことに、忙しくなりそうです。
 オープン1番目のご予約が入りました。
 でも、
 営業時間をまだ決めていません(笑)
 
 5月に入ったら、webサイトを開設する予定です。
  ⇒ http://mi-m.info/(現在準備中)

 お楽しみに♪
 



4/22(火)
 
 迷い込んだトンネルで、無邪気に一人遊びする少女に出会う夢をみた。
[SOUL-conscious] #59

 
 チャイムの音で飛び起きたら、
 宅配便だった。
 
 そんな大きなものを頼んだ記憶がないんだけど、、、
 って寝ぼけながら開けたらビックリ!
 気の早い開店祝でした♪
 
 あっちゃん、アリガトォ"""
 いつもホントに励まされてます---☆



01:02:30 | motoka | | TrackBacks

05 March

花のつづき

 いただいた虹色のバラ、ずいぶん長く咲いていましが、
 さすがにいよいよ限界モード。
 
 それでも、最後まで味わい尽くそうと思って、
 花びらをたっぷり浮かべて、お風呂に入りました。
 ゼイタク♪
 
 「ウッカリ者の怪人」さん、ありがとうございました++




2/27(水)

 久しぶりに飲みに出かけて、遅く帰った次の朝。
 定時に目が覚めるなんて、私も大人になったなぁ、、
 
 と言いつつ、二度寝して目覚めたら夕方だった。
 ま、イイか。。
 
 そう言えば、
 こんな風にゆっくりとデキゴトを咀嚼する時間がなかった。


2/28(木)

 モノゴトを多層的に理解するように努めてきたつもりだった。
 つもり、だった。
 
 大きな「方向性」は共有していても、
 「感じ方」や「考え方」が違う、というコトがある。
 
 そんな時に決定的に違うのは「足の速さ」だ、
 ということに気づいた。
 
 モノゴトは、
 3次元だけでは説明できない。




2/29(金)

 時々こっそり打ち明けてるけど、
 実は私、空が飛べます。
 
 「いつでも自由に」ってワケじゃないから自信はないけど、
 今朝も裏山をフラフラ飛んでたら、隣のおばさんに見つかっちゃって驚かれた。
 
 あんまりウワサになったら困るけど、
 まぁイイか、、
 本当のコトだから。
[SOUL-conscious] #58




3/3(月)
 
 私は「愛」が怖い。
 
 愛することと、愛されること。
 その嵐のような欲望のステージの上で、
 搾取という罠を巧みに避けながら踊りつづけるなんて、
 私にはまったく自信が持てない。
 
 そう、
 私は「愛」というドラマに潜む「搾取」という罠を憎んでいる。
 その罠に囚われるくらいなら、すべてを拒絶して、
 バックステージで一人心を閉ざしていた方がどれほど救われることか。
 そんなドラマは観たくもないし、関わりたくもない。
 
 それでも私は「愛」を信じてる。
 



3/4(火)

 久しぶりに実家に寄ったら、父が寝込んでいた。
 高山病だって、、
 
 ウチの両親ったら、退職後は世界中を旅行しまくっていて、
 先月はチベットへ行ってきた。青蔵鉄道に乗って。
 列車でお酒を飲んだのが悪かった、と。
 ラサに着く前から動けなくなったらしい。
 まったく、、、 よく帰って来れたよ、、、
 
 こんなに弱ってる父を初めて見た。




PS.
 私のベリーダンスの師匠 Riktaさんが、ゴールデンウィークにバリ島で、
 女性のためのリトリートを開催します。
  ⇒ http://www.bali-tours.com/yoga/workshop/sacredtemple1.html
 
 サイトのトップ写真は、私が撮影させていただきました。
 掲載arigato"""

15:39:02 | motoka | | TrackBacks

11 July

civil war

大切なものを守りたくて、
侵略者と闘う夢をみた。

 武器を持って、
 コテンパンに叩きのめした。
 恐ろしいほどの残忍さを持って、
 怒りの波動に身を委ねた。

目が覚めて、
私は、自分の中で浮上している「凶暴さ」を味わった。
その残忍さがおぞましくて、
けれど、逃げたくはなくて、
じっと、
じっと闇を見つめた。
[SOUL-conscious] #57



ベリーダンスを始めました。
私の奥で閉ざされている、自由な魂を解き放ちたくて。

意に反して起きている現象に戸惑っています。
なんと、凶暴さが浮上している。
暗黒面が、私を侵略している。

ただ今、私、内戦中。

11:42:19 | motoka | | TrackBacks

10 July

救われるコトバがあるとしたら、、

7/3(火)
 
 何が怖いんだ?
 
  私は、ジブンがコワイ。
  ジブンを「認めること」がコワイ。
 
  怖くて、怖くて、
  目を向けられない。
 
 だから、
 人は「外」を見る のかな?
 
  それでもジブンが可愛いから、
  「外」にジブンを投影する。
 

 
7/4(水)
 
 つまり、こういうことなのかな。
 
 生きれるモンなら、
 生きてみな!  
 
 
7/5(木)
 
 キールロワイヤルを飲む間に、
 misaちゃんという可愛いコと友達になった♪
 
 その帰りに、
 しゅんちゃんと大ゲンカした!
 
 あちら立てればこちらが立たず、、
 


7/7(土)
 
 お騒がせ常習犯のOクンから営業中にtel。
 「俺、これから死ぬから。じゃぁな。」
 
 私、
 その時マジメに忙しかったので、
 「何言ってんの。また遊びにおいで!」
 って言って切っちゃった。
 
 人が死ぬことについて、
 私は、自分で恐ろしいほどに冷徹だと思う。
 Oクンと、もう二度と会えないかも知れないけれど、
 仕方がない、って一瞬で覚悟を決めた。
 私には彼を救えない。
 
 
 翌朝、
 歯を磨いていたら、Oクンから携帯にtel。
 「おぉ。俺だ。ゴメン。まだ生きてたよ。」
 
 ばぁか!!
 

 
7/9(月)
 
 d.の夢をみた。
 
 d.には、もう何年も会っていない。
 街でスレ違っても気づかないほど、
 私たちは、変わり過ぎた。
 
 それでも、
 夢の中のd.は、繊細ながらもたくましく、
 透明な魂と純粋な眼差しで、
 少ない言葉を穏やかに語りかけてくれる。
[SOUL-conscious] #56

01:58:27 | motoka | | TrackBacks