milkyshadows

「美」は伝染する。 poWer of beaUty

検索


プロフィール

RSS対応


RSS v2.0
RSS v0.91
RSS v1.0

管理


管理室へ

携帯用ブログ


携帯用URL


28 July

かたつむりって 足が速い?

ビックリした。
キッチンに、かたつむりの赤ちゃんがいたんです。

だって、どこから来たの。。。?


そうか、そう言えば先日から有機野菜を週に一回届けてもらっている。
土が生きてる、ってこういうことなんですねぇ。。
昨日も、葉もの野菜をおひたしにしようと湯がいていたら、
立ちこめる湯気に土の匂いがした。
(⇒あしがら農の会


ところで、よちよちかたつむりちゃん、
後で逃がしてあげようと思っていたのに、目を離したスキにいなくなってた。
って、そんなに足が速いのか。。?

どぅしよ。。困った。。


00:05:48 | motoka | | TrackBacks

27 July

±0の男

声が枯れるほど 怒る夢をみた。
新しい仲間が増える 夢。

彼のモットーは、±0(プラスマイナスゼロ)。
自分の仕事だけを 誇り高くまっとうする。
それ以上はしない。それ以下もしない。

私たちにとって、
彼の加入は まるで負担でないけれど、同時に全く利益でもない。
私たちは、彼の始末を何もしなくていいかわりに、
彼は、私たちの手助けを何ひとつしない。

彼は、求道者のように±0をゆく。



彼はルールを犯していない。
何も とがめる余地がない。
けれど私は腹立たしくて、我慢できずに吐き捨てた。
同じ空気を吸いたくなくて、私の前から消えろ! と吠えた。

彼の加入は私にとって、鉄の塊を飲み込む思いだった。
あまりの異物感に、存在を脅かされる思いがして、
怒りにまかせて、こらえきれずに排斥した。

...これ、フォースのダークサイドでしょうか?
[SOUL-conscious] #16


 ±0という存在は、必ずしもエコロジカルではないと思う。
 中立な存在が成り立つ絶対条件は、
 それが循環の輪の中で開かれている、ということ。
 
 そもそも、存在する ということは、
 ただそこにいるだけで、その空間と時間を占拠している。
 私、物心ついて以来、それが痛くて仕方がないのです。

21:05:19 | motoka | | TrackBacks

26 July

座標

きっと980hPa(21:00現在)のせい。
とても眠い日。。

意識は ココにもムコウにも無くて、
ただ肉体だけが オートマチックに移動していた。
意図も無く座標上を彷徨ってゆく私ってば、
まるで 天気図の上の台風7号のように思えた。



この旅に あらかじめ描かれた道筋があるとしたら、
私はどれほど正確に その軌跡を歩んでゆけるだろう。

目をとじて 流れに耳を澄ませていると、
光の道は たしかに現れ、行方も速度も 身を委ねればいい。
目をひらき ときには座標を確かめるけれど、
見えることには 功罪がある。
視覚は点を測れるけれど、それゆえ流れを見失う。


"動く瞑想"って、そんなレッスン。

それにしても、
まさにコレって量子力学の世界。
(⇒不確定性原理
yoga.. [soulful BODY]


23:11:49 | motoka | | TrackBacks

25 July

Smile Away

笑い飛ばせる、ってことにとても憧れる。

お腹を抱えて笑い転げることよりも、
深刻な目で遠くを見つめることの方が好きだ、なんて、
そんな自分がキライです。

私は いったい 何が出来るか? なんて、
きっとあんまり悩むべきテーマではないのでしょうね。

ふと思ったけど、能力とお金って、ちょっと似ている。
無ければ見栄を張りたくなるし、
あるに越したことないけど、幸せのためには多くなくても充分だ。
たまたま人より多くを持っていると、妬まれたり たかられたりもする。



幸せって 生き物だから、
水のように 循環していないと 枯れてしまう。

23:41:00 | motoka | | TrackBacks

22 July

コトバの速度

イメージの力に長けている人ほど、コトバの遅さに苛立つのですね。
走るイメージには、コトバの積み木は追いつけない。

けれど時として、イメージよりも速く走るコトバがある。
短く核心をついたコトバは、凧のように空をゆく。
風よりも遠く速く、メッセージを伝える。



「それは人には分からないよ」ってある人が言ったのが、
「それは私には分からないよ」って私には聞こえた。
 風に耳をふさぎ凧を地面に叩き落とすように、私には見えた。

コトバって、速すぎても人を苛立たせるのですね。

22:25:00 | motoka | | TrackBacks